裁判所

刑事事件の弁護なら弁護士に頼もう〜弁護士に任せなサイト〜

遺言書の作成に

弁護士

遺言書を作ることによって、遺産分割に関する相続人間の争いを防ぐことが可能である。遺言書には、遺言書本人が作成した自筆証書遺言と秘密証書遺言、公証人が遺言者本人が口述したものを筆記する公正証書遺言がある。自筆証書遺言と秘密遺言書については、偽造や変造防止のため、速やかに、家庭裁判所の検認を受ける必要がある。上記の遺言の方式が普通方式と呼ばれるもので、他に特別方式の遺言の制度がある。死亡危急者遺言、伝染病隔離遺言、難船遭難者遺言、在船者遺言である。とは、死亡した者の財産上の権利および義務をその配偶者や親族に譲渡することを指す法律用語である。死亡した者を被相続人と呼び、死亡した者の配偶者と子が民法によって承継の権利を認められている。子がいない場合は死亡した者の父母が権利を得る。遺言書を作成することによって、内縁の妻や血縁関係のない者を承継者として指名することも可能であるが、自身で自筆証書遺言を作成できない場合や内容を相談したい場合は弁護士への依頼が必要である。は争続と揶揄されるように、残された身内による争いが激化して親族関係にひびが入る事も珍しくはない。
そのような場合、専門の弁護士が間に入ることで意外とスムーズに事が運ぶこともあるため、一度相談してみるのも手である。

大抵の事務所は、初回の相談料は面会、電話に係わらず無料で行っていることが多い。担当弁護士はその道のエキスパートであるし、場合によっては良い節税対策を授けてもらえるかもしれないので、臆せず相談してみる事がおすすめである。

Copyright© 2016 刑事事件の弁護なら弁護士に頼もう〜弁護士に任せなサイト〜 All Rights Reserved.