裁判所

刑事事件の弁護なら弁護士に頼もう〜弁護士に任せなサイト〜

法的に解決

ペン

離婚とは、現在婚姻関係にある夫婦同士が、有効に成立した婚姻を婚姻後に生じた様々な理由を原因として、将来の為に解消することである。内縁関係の夫婦は別れたとしても法的機関を通していないので離婚とはならない。両者の意見が一致しない場合や、子供の親権等で手続きがスムーズに行われない場合もあり、その際は弁護士を通しての話し合いになる。子供のケアも必要となり、大人達は精神的に不安定になりやすい子供に対して注意をはらう必要もある。

離婚にも幾つかの仕方がある。まず協議だがこれが一番一般的で役所から届をもらいお互いに判を押し提出することで成り立つものだ。ここで争点となるのが親権や慰謝料、財産分与といった問題だがこれがこじれてお互い決着がつかない時には調停という形になる。これは調停委員がお互いの話を聞いた上でどうしたらいいのか、または過去のケースと照らし合わせこうした方がいいとアドバイスをし話を進めていきそれでもダメな場合は裁判になる。これが離婚が成立するまでの一般的な流れである。

離婚にはお互いの協議によって成立するものと家庭裁判所で判決をもらってするものに大きく分けて2つある。双方の意思によってする場合は、ある程度お互いが納得しているのですから大きくもめることもなく成立するが、言い分の食い違いや要求がかけ離れている場合などは弁護士にお願いして少しでも自分の要求を受け入れさせる必要がある。難しい法律用語や慰謝料の相場、過去の事例などを熟知した弁護士にお願いすることで離婚後の生活面も含めてより安心感を持てるのでできれば頼んだ方が良い。

Copyright© 2016 刑事事件の弁護なら弁護士に頼もう〜弁護士に任せなサイト〜 All Rights Reserved.