裁判所

刑事事件の弁護なら弁護士に頼もう〜弁護士に任せなサイト〜

トラブル解決

握手

民事事件の場合、弁護士は依頼者の代理人としてトラブル解決のために必要なさまざまなことを行う。書類を作成したり、代理として当事者同士の話し合いに赴くのも業務のひとつである。場合によっては話し合いで解決しなかった事件が持ち込まれる民事裁判の場に依頼者の代理として出廷することもある。弁護士が依頼されて同席、あるいは依頼者の代理人として出席する当事者同士の話し合いは示談と呼ばれ、その内容は示談交渉と呼ばれる。話がまとまると示談成立となり、弁護士は示談書と呼ばれる書類を作成する。話し合いが解決したという証拠になり得る書類である。刑事事件の場合には前述の通り法廷に立って弁護人としての活動を行うが、法廷の外でもその仕事はある。弁護士自身が冤罪を確信できるような状況であった場合などには、自ら証拠集めや主張の補強のために事件全体を追うなどのことも行うのである。

日本の法令には種類と序列がある。序列の中でも最も高い位置にあるのは憲法である。憲法は国全体の秩序をとりまとめ、生活の根底部の規定を行なっているものである。次いで、条約、法律、命令の順で優先度が高い。それぞれの条文に齟齬があった場合、たとえば法律と命令の間に齟齬があった場合はより順位が高い法律の内容が優先される。また、国家間での取り決めをまとめた条約は日本国が同意しているものに限り法律よりも優先されるものとなる。さらに、命令よりも下に政令などが位置づけられ、まとめて考えられることもある。しかし、一般的に法令といった場合には憲法、条約、法律、命令をまとめたものであることがほとんどである。

Copyright© 2016 刑事事件の弁護なら弁護士に頼もう〜弁護士に任せなサイト〜 All Rights Reserved.