交通事故・詐欺等の相談は弁護士に。

弁護士

bengoshi

弁護士とは、何らかの社会的なトラブルが発生した場合、その当事者に依頼され、法律の専門家としてトラブル解決のためのさまざまな業務を行う人である。
司法試験と呼ばれる国家試験を経た上で就くことが出来る資格職であり、この資格を有する人を呼ぶ語であると同時に、資格そのものを表す語としても用いられる。

弁護士が依頼を受けて手がける事件は民事事件と刑事事件という二つの種類に分けることが出来る。それぞれに民法と刑法を基盤に置き、さまざまな法律の知識をもとにして依頼者の利益を守り、社会正義を守るために業務を行う。
民事事件の場合には上述のようにトラブルの当事者に依頼を受けてその仕事につき、刑事事件の場合には被告人に付いて、刑事裁判の法廷でその弁護を担当する。

事件

弁護士は民間で起きるトラブルである民事事件と、刑法に抵触する行動を取った者に裁判所の裁きを下すという刑事事件をそれぞれに担当するというのは前述の通りである。詳しくはどのようなことが行われるのかを詳述する。

民事事件の場合、或る個人と個人、あるいは個人と組織とが何らかの民法的な理由で対立しているところで、その対立した状態を改善させるための業務を行う。
具体的には、どちらか一方に依頼されてその事件に関わり、依頼者の有利なようにトラブルの解決を図るのである。
依頼者からの法律相談を受けて仕事を引き受け、依頼者の主張に法律的見地から肉付けを行い、当事者同士の話し合いが有利に進むよう、その戦術を立てるのが仕事である。
たとえば交通事故の際に加害者・保険会社に対する被害者の依頼を受けて、話し合いに参加するなどである。

一方、刑事事件では国選弁護人として、あるいは被告人の選任を受けた弁護人としてその仕事につき、さまざまな証拠や弁説によって、被告人の無実や減刑を主張する。
殺人事件や窃盗事件、詐欺事件などが、ここでの事件には含まれる。

業務内容

naiyou

民事事件の場合、弁護士は依頼者の代理人としてトラブル解決のために必要なさまざまなことを行う。
書類を作成したり、代理として当事者同士の話し合いに赴くのも業務のひとつである。
場合によっては話し合いで解決しなかった事件が持ち込まれる民事裁判の場に依頼者の代理として出廷することもある。

弁護士が依頼されて同席、あるいは依頼者の代理人として出席する当事者同士の話し合いは示談と呼ばれ、その内容は示談交渉と呼ばれる。
話がまとまると示談成立となり、弁護士は示談書と呼ばれる書類を作成する。話し合いが解決したという証拠になり得る書類である。

刑事事件の場合には前述の通り法廷に立って弁護人としての活動を行うが、法廷の外でもその仕事はある。
弁護士自身が冤罪を確信できるような状況であった場合などには、自ら証拠集めや主張の補強のために事件全体を追うなどのことも行うのである。


外部リンク

刑事事件に強い弁護士のことなら/刑事事件専門相談室